ホーム
代表挨拶
事務所アクセス
ブログ
料金表
お問い合わせ

4月から改正建設業法が施行されています

2015年04月13日

今月から改正建設業の施行がされています。

大きな変更から小さな変更までさまざまです。

 

ご自身で申請をされている建設業者の皆さま、

ぜひ一度新様式のご確認をお願いします。

 

今回の改正のポイントはいろいろありますが、

大きくは2つ。

 

1つ目は、個人情報の保護。

 

建設業許可の申請書等は

誰でも閲覧することができます。

(有料・無料や手続きは所轄庁によってですが)

 

これは建設という大きなお仕事をお願いする方たちに

情報提供をするためです。

誰だって、自分がお仕事をお願いする業者さんの

財務状況や実績って気になりますよね。

それを閲覧できるようにしています。

 

ただ、先月までは業者さんの財務状況や実績とともに

多くの個人情報まで閲覧できるかたちになっていました。

 

そこで、法改正がされました。

 

具体的には、個人情報が記載されてた

役員や使用人の略歴書が大きく簡素化され、

経営業務管理責任者を除き職歴の記載が不要になります。

また、役員や使用人の一覧表の生年月日や住所の記載が

不要になっています。

その他にも様式が多数変更されています。

ご注意ください。

 

2つ目は、暴力団排除の徹底です。

 

許可に係る欠格要件及び取消事由に、

下記の3点が追加されました。

①暴力団員(役員等がこれに該当する場合を含む)

②暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者(役員等がこれに該当する場合を含む)

③暴力団員等がその事業活動を支配する者

 

役員等(取締役、顧問、相談役等)が

このいずれかに該当する事実が発覚した場合、

許可の拒否や取消等の処分がされます。

 

念の為です。

欠格要件に該当をしていないか、

今一度確認をしておきましょう。

 

 

私たち行政書士にとって、

自分たちが扱う業務の法改正は

細心の注意を必要とします。

 

新様式に沿った申請をするのは

当たり前の話ですが、

それ以前になるべく早く情報をキャッチし、

かつ正確に理解をし、

それをクライアントさんにお伝えし、

場合によっては対策や変更を

ご提案していかなければいけません。

 

ただ、どの法改正にも必ず理由があります。

今回は個人情報の保護と暴力団排除の徹底。

 

特に個人情報に関しては、

今まで許可業者の方たちの情報が

一般の方の目に簡単に届くようになっていました。

法改正は遅すぎたほどです。

 

ですから、

確かに法改正は神経を使いますが、

建設業界のより良い発展を願って

新様式にしっかり従っていきたいと思っています。

 

行政書士 木村亜矢

 

建設業許可に関してのお問い合わせはこちらまでお気軽に ⇒ 

 

Copyright © 木村行政書士事務所, All rights reserved.