ホーム
代表挨拶
事務所アクセス
ブログ
料金表
お問い合わせ

狭山商工会議所青年部通常会員総会

2015年04月21日

先週金曜日、4月17日に

狭山商工会議所青年部(YEG)の総会がありました。

 

私が狭山YEGに入会して丸2年が経ちました。

今回が3回目の総会になります。

 

昨年度はなんだか事業が盛りだくさんで。

年がら年中会議をしてたような気がするなあ。

でもとても楽しかったです、本当に。

 

多くの事業の中でも私が大きく関わったのは、

・狭山市入間川七夕まつり

・入間川冬まつり

・婚活事業

・狭山ブランディング事業 かな。

 

それぞれ気が遠くなるような会議を重ねました。

基本19時半スタートなので、

個人的には空腹度が会議の進行と共に急ヒート。

いつの日かお弁当持参で会議を参加することを

密かにもくろみ続けています。

 

もちろんボランティアです。

むしろ会費を払ってるから、

「やらせていただいてる」という感じ?

とは冗談ですけど。

 

けれども、私はここでの活動をとても大切に思っています。

 

地域を思い地域のために尽力している仲間に会えました。

一つの事業を作り上げていく過程はとても勉強になります。

人と協力して何かを作り上げていく大変さを学びました。

けれども何よりも、楽しい。これが一番です。

 

私がこのYEGに入ろうと思った時、

ある行政書士の大先輩にこう言われました。

 

「木村さん、まずはそこでやるべきこと

そこでできることを全力でやってきなさい。

そうすれば、必ず5年後10年後に

木村さんの事務所に返ってきます。」

 

その大先輩は長年の間、

ここ地元で愛され信頼され続けています。

だからこそ、この言葉が素直に心に入り、

この言葉に忠実でありたいと思い続けています。

 

そして、その先輩がおっしゃるとおり、

ここでいただいたご縁から

驚くような仕事の広がりもいただいています。

結局、ここでの活動にも私の事務所は支えられています。

 

けれどもやはり私にとっては、

事務所の為というのは第一にはなりません。

 

純粋に地域の為に何かすることを楽しみたい、

これが第一です。

 

何より。

 

みんなであーだこーだ話し合い、

協力し合い、

それを喜んでくれる人がいて、

そうやって何かを成し遂げた後のビールは最高だもの。

 

ここで知り合った人に言われました。

 

「楽しいのが一番と言うと軽く感じるかもしれないけど、

やっぱり楽しいって一番だと思う。」

 

私は本当にそのとおりと思っています。

 

享楽的な楽しさではなく、

苦も避けずに乗り越えて

文字通り苦楽を共にしたとき、

それはやっぱり一番の喜び。

 

今年度も空腹と戦いつつ楽しんでいきたいと思います。

 

行政書士 木村亜矢

 

Copyright © 木村行政書士事務所, All rights reserved.