ホーム
代表挨拶
事務所アクセス
ブログ
料金表
お問い合わせ

帰化許可

2015年09月04日

先週、クライアント様から帰化の許可がおりたと

嬉しいご報告をいただきました。

 

数年前に在留期間更新のお手伝いをしてからのご縁。

 

ご夫婦からお子様が誕生して三人家族になり、

ご夫婦の長年の夢であった帰化申請をめざした

その過程をずっと見てきたので、

私自身も自分のことのように嬉しく思いました。

 

今回、晴れてご家族三人皆様で帰化となりました。

 

よく「帰化」と「永住者」の違いについて聞かれます。

 

その要件は大きく異なりますが、

何より大きな違いは日本国籍になるかどうかということ。

それはつまり、母国の国籍はなくなるということです。

母国に戻る際、帰化後は「帰国」ではなく、

外国人として入国することになります。

日本は多くの国で査証免除となっていますので、

短期の場合は査証(ビザ)なしで入国することができますが、

長期に滞在する場合、

たとえ帰化前の母国であっても査証(ビザ)が必要になります。

 

ですから、「帰化」を目指されるか「永住者」を目指されるかは

クライアント様が本当に望んでいることは何か、

どちらがクライアント様にとって有益かを

丹念にヒアリングする必要があると考えています。

 

今回のご家族はここ日本で暮らし、お子様を育て続ける

強い意志の下で帰化を目指されました。

 

だからこそ、帰化許可をとても嬉しく思いました。

 

行政書士 木村亜矢

 

その他、在留資格や帰化許可についてご質問がありましたら

遠慮なくお問い合わせください。

お問い合わせ先 ⇒ 

 

 

 

Copyright © 木村行政書士事務所, All rights reserved.